スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パフェの魅力。

私がなぜジェラートが好きかというと。
生ものだから。
ライブ感があるから。

よくアイスクリームとどう違うのですが?と聞かれるのですが
「今日の味は今しか食べられないんです」と答えます。

全国を食べ歩く中で
ジェラートが楽しくなったのは
その土地の食材で
季節の味で
そのお店のジェラティエーレの感覚で

他のお店と同じ味なんてないその繊細さに気が付いてから
虜になっていきました。

音楽のライブだって同じ。
その日の会場の
その日のお客さんが作る空気感は
その日だけのもの。
だから、ライブが好きです

そんなジェラート好きな私が
一時パフェにはまったことがあります。

大宰府にあるノエルの樹のパフェを食べてから。
見た目
味のバランス
器の中のサプライズ

こんなに美しい食べ物はないと思いました。
それはシェフの田中さんの天才的な技術によるもので
今でも田中さんを越えるパフェ職人はいないと自信を持って言えます。
(田中さんは実は料理人です。。。だから、ご飯が美味しい)
福岡に住んでいた頃、週一で通っていました。

改めて、考えてみると
テイクアウト出来ないパフェこそがライブ感満載ではないか?!という気がしてきて
早速、研究。

201509033.jpg

本を読めば読むほど
パフェが作りたくなってきました。

明日は上京予定なので、パフェの食べ歩きをしてくるつもりです
新しい目標が生まれつつあります
なんだかワクワクしております


今日頂いたジェラートは
超濃厚なフォンダンチョコラートをシングルで。

201509031.jpg

この濃厚さをパフェで生かすにはどうすればいいんだろう。
とか考えるとワクワクして眠れなくなりそうです

実際、パフェの本を読みながら
今朝は電車を乗り過ごしました。。。
ワクワクが始まると止まらないのが益村千代です


家に帰ると鳥取の梨が届いていました。

09032.jpg

これだけあれば
ジェラートが出来るじゃん

なんて、ついつい

こんなにワクワク出来る食べ物に出会えて
やっぱり私は幸せです


明日もジェラートと音楽で沢山の笑顔が生まれる一日になりますように
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。